ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料で航空券をゲット。 何をすれば良い?

ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料で航空券をゲット。 何をすれば良い?
Take
<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

このサイトのページには「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、ご安心ください。

こんにちは!クレカぐらしのTakeです!

今日は、「マイルを貯めて、無料の航空券をゲットする、具体的な方法」について、解説しますよ。

Saki
Saki

マイルは、「無料の航空券(特典航空券)に交換出来るのが、大きいね!

Take
Take

うん。しかし、無料の航空券を手に入れるために「何をすれば良いのか」が、すぐに分からないのも事実・・・。

そこで今回、具体的な例を使って「マイルをどうやってどれだけ貯める必要があるのか」をシミュレーションしてみました。

今回は、「ANA JCB一般カード」編です。

Take
Take

「ANA JCB一般カード」は、マイルが貯まりやすいカードですよ!
(「ボーナスマイル特典」がデカい。)

シミュレーションすると、意外と無理なく『無料の航空券』がゲットできる」ことが分かりました。

この記事で分かる3つのポイント
  1. マイル貯めて、無料で航空券ゲット。具体的な方法2つ詳細>
  2. 例を使って、シミュレーション。何をする?どれだけ貯める必要ある?詳細>
  3. ANA JCBカード特典の「ボーナスマイル」について理解。詳細>

Contents
  1. ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料にて航空券をゲット。具体的な方法2つ。(2つを組み合わせることも可能)
  2. 【方法1】ANA JCB一般カードを、飛行機に乗るときに利用。何回か、飛行機を利用する。
  3. 【方法2】ANA JCB一般カードを、普段の買い物に利用。特典航空券に必要なマイル分を決済する。
  4. ANA JCB一般カードでマイルを貯める!特典の「年1回のボーナスマイル」と「搭乗ボーナスマイル」などについて、解説。
  5. ANA JCB一般カードは、マイル以外にも「様々な特典」あります!
  6. 無料で飛行機に乗れる「特典航空券」。どんな航空券なの?利用条件も確認。
  7. まとめ
スポンサーリンク

ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料にて航空券をゲット。具体的な方法2つ。(2つを組み合わせることも可能)

ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料にて航空券をゲット。具体的な方法2つ。
ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料にて航空券をゲット。具体的な方法2つ。

具体的な例を使って、マイルの貯め方を見ていきましょう。

例として、「東京→大阪(片道)を、「約3年に1回」、特典航空券を使って「無料にて搭乗したい」場合。

以下に挙げた「どちらかのケース」で、条件を達成します。

東京→大阪を、3年に1回無料で搭乗
  1. 「東京⇔沖縄(往復)を、年1回、旅行する(早期割引を利用)詳細>
  2. 1年間に「27万円」、ANA JCB一般カードを使って決済する。詳細>

詳細>』をタップ・クリックすると、詳細部分にジャンプします。

今回のシミュレーションは、2024年5月10日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

なお、この記事では、分かりやすくするために、以下の内容でシミュレーションしています。

  • 「飛行機で利用」もしくは「買い物で利用」片方だけ利用した場合。
    (「飛行機を利用」する時だけ使って、「普段の買い物」では利用しない、というケースです。逆もしかりです。)
Take
Take

もちろん、上2つのケースを「組み合わせる」ことも、可能ですよ。

Saki
Saki

組み合わせた場合、「無料の航空券をゲット出来る期間」は、3年を待たなくても良いかも

目次に戻る  

 

【方法1】ANA JCB一般カードを、飛行機に乗るときに利用。何回か、飛行機を利用する。

【結論】例えば、東京→大阪(片道)を無料で利用したい場合、東京⇔沖縄(往復)を年1回旅行し、3年継続すると達成。(特典航空券ゲット)

例:東京→大阪を無料で利用するには、東京⇔沖縄(往復)を年1回×3年で達成
例:東京→大阪を無料で利用するには、東京⇔沖縄(往復)を年1回×3年で達成

早速、結論からご紹介します。

東京⇔沖縄(往復)を早期割引(バリュー1など)年1回旅行すると、3年間に1回東京→大阪(片道)無料で利用することできます。

(「東京→大阪(片道)分の特典航空券」が手に入る。)

※シミュレーション結果の内容は、次以降で解説。シミュレーション条件は、2024年5月10日時点のもの。

Take
Take

なお、「特典航空券」は、普通席のみ
プレミアムクラスの特典航空券はありません。

特典航空券利用時、別途「国内線旅客施設使用料」が必要になります。
詳細(公式ページ)>

 

【条件】約3年で「東京→大阪(片道)」の特典航空券をゲットするために必要な「1年ごとの条件」。

約3年で「東京→大阪(片道)」の特典航空券をゲット。そのために必要な「1年ごとの条件」。
約3年で「東京→大阪(片道)」の特典航空券をゲット。そのために必要な「1年ごとの条件」。

まずは、約3年「東京→大阪(片道)の特典航空券をゲット」するための、シミュレーション内容を抑えておきましょう。

詳細は飛ばして、先に「シミュレーション結果」を見たい場合、こちらからジャンプ▼

 

ANA JCB一般カードのマイルに関する特典

ANA JCB一般カードの特典を使って、ANAを利用すると、以下の特典があります。

  1. 入会・継続で、1年ごとに、ボーナスマイル「1,000マイル」付与。
  2. ANA利用ごとに、搭乗ボーナスマイル「×10%」を付与(1割上乗せ)。
Take
Take

詳しい特典内容は後述します。

 

東京→大阪(片道)の特典航空券は「6,000マイル」が必要(レギュラーシーズン)

東京→大阪(片道)の特典航空券は「6,000マイル」が必要
東京→大阪(片道)の特典航空券は「6,000マイル」が必要

東京→大阪(片道)の特典航空券は、「6,000マイル」が必要となります。
(レギュラーシーズンの場合)

今回は、「レギュラーシーズン」でシミュレーションしています。
シーズン・必要マイルチャート(公式)>

 

1年ごとに獲得が必要なマイルは「1,334マイル」。(入会・継続ボーナスマイル除く)

1年ごとに獲得が必要なマイルは?

1年ごとに獲得が必要なマイル数を見ていきます。

  1. 入会・継続で、1年ごとに、ボーナスマイル「1,000マイル」付与。

上記特典により、1年ごとに、ボーナスマイルが「1,000マイル」付与。

3年間の間に、2回付与されると、「2,000マイル」となります。

※タイミングによって、3年内にマイルが付与される回数は「2~3回」となる。今回は「2回」でシミュレーション。

Take
Take

よって、残り4,000マイル獲得が必要となります。
(特典航空券6,000マイル必要-年1回ボーナスマイル2回・2,000マイル=残り4,000マイル)

残り4,000マイル約3年間に貯めることが出来ると、3年に1回、東京→大阪を無料で利用できます。

Take
Take

1年単位だと、「1,334マイル」必要となりますね。

 

【シミュレーション結果】東京⇔沖縄(往復)を、1年に1回、早期割引で予約すると、必要なマイル数を超える。(3年継続で条件達成)

ここでは【方法1】のシミュレーション結果について書いています。
【方法2】の場合はこちら▼

シミュレーション結果:「東京⇔沖縄(往復)を、1年に1回、早期割引で予約」→3年継続で達成
「東京⇔沖縄(往復)を、1年に1回、早期割引で予約」→3年継続で達成

シミュレーションした結果、東京⇔沖縄(往復)を、1年に1回、早期割引で予約」すると、1年間に必要なマイルを超えることが分かりました。

(※入会・継続ボーナス「1,000マイル」は、すでに付与されている前提です。)

Take
Take

具体的な数字を使って、解説します。

東京→沖縄を早期割引(バリュー1など)で予約すると、片道738マイル獲得。

基本は984マイルですが、早期割引の場合「積算率75%」となるため、「×0.75」となります。
※984マイル×0.75=「738マイル」となる。
※積載率については、後述します。

また、ANA JCBカード特典で「1割増し」です。
※738マイル×1.1=「811マイル」となる。

Take
Take

往復なら、1,622マイルとなりますね。
※片道811マイル×2(往復)=1,622マイル

先ほど見てきたように、残り必要なマイルは「1,334マイル」です。

東京⇔沖縄(往復・早期割引)「1,622マイル」ゲットできるため、1年間に必要なマイルを超えます

約3年で6,000マイルを達成。東京→大阪(片道)の特典航空券ゲット。

そして、約3年6,000マイルを達成
「東京→大阪(片道)の特典航空券」がゲット出来ますよ!

※入会継続ボーナス2回・2,000マイル+年1回東京⇔沖縄(1,662マイル×3年=4,986マイル)=6,986マイル

東京→大阪(片道)の搭乗料金は、バリュー1(前日まで予約可能)だと、約15,120円です。
(※空席状況により金額は変動します。)

今回のシミュレーションは、2024年5月10日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

シミュレーション一覧に戻る  

 

【方法2】ANA JCB一般カードを、普段の買い物に利用。特典航空券に必要なマイル分を決済する。

【結論】例えば、東京→大阪(片道)を無料で利用したい場合、「1年間に27万円」利用し、3年継続すると達成。(特典航空券ゲット)

例:東京→大阪を無料で利用するには、1年間に27万円利用×3年で達成
例:東京→大阪を無料で利用するには、1年間に27万円利用×3年で達成

早速、結論からご紹介します。

1年間に27万円、普段の買い物でANA JCB一般カードを利用すると、3年間に1回東京→大阪(片道)無料で利用することできます。

(「東京→大阪(片道)分の特典航空券」が手に入る。)

Take
Take

月に換算すると、「2万2,500円」です。

※シミュレーション結果の内容は、次以降で解説。シミュレーション条件は、2024年5月10日時点のもの。

Take
Take

なお、「特典航空券」は、普通席のみ
プレミアムクラスの特典航空券はありません。

特典航空券利用時、別途「国内線旅客施設使用料」が必要になります。
詳細(公式ページ)>

 

【条件】約3年で「東京→大阪(片道)」の特典航空券をゲットするために必要な「1年ごとの条件」。

約3年で「東京→大阪(片道)」の特典航空券をゲット。そのために必要な「1年ごとの条件」。
約3年で「東京→大阪(片道)」の特典航空券をゲット。そのために必要な「1年ごとの条件」。

まずは、約3年「東京→大阪(片道)の特典航空券をゲット」するための、シミュレーション内容を抑えておきましょう。

内容は【方法1】のケースと同じになるため、こちら▲から詳細をご覧ください。

 

【シミュレーション結果】1年間に27万円利用すると、必要なマイル数を超える。(3年継続で条件達成)

シミュレーション結果:「1年間に27万円利用」→3年継続で達成
「1年間に27万円利用」→3年継続で達成

シミュレーションした結果、「1年間に27万円利用すると、1年間に必要なマイルを超えることが分かりました。

(※入会・継続ボーナス「1,000マイル」は、すでに付与されている前提です。)

Take
Take

具体的な数字を使って、解説します。

普段の買い物で、1,000円利用すると、OkiDokiポイント1ポイント獲得。

通常の「5マイルコース」だと、「1ポイント5マイル」に交換できます。

Take
Take

よって、27万円利用すると、1,350マイル獲得できます。
※270,000円→270ポイント1,350マイル

先ほど見てきたように、残り必要なマイルは「1,334マイル」です。

27万円利用で「1,350マイル」ゲットできるため、1年間に必要なマイルを超えます

約3年で6,000マイルを達成。東京→大阪(片道)の特典航空券ゲット。

そして、約3年6,000マイルを達成
「東京→大阪(片道)の特典航空券」がゲット出来ますよ!

※入会継続ボーナス2回・2,000マイル+1年で27万円利用(1,350マイル×3年=4,050マイル)=6,050マイル

東京→大阪(片道)の搭乗料金は、バリュー1(前日まで予約可能)だと、約15,120円です。
(※空席状況により金額は変動します。)

今回のシミュレーションは、2024年5月10日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

シミュレーション一覧に戻る  

それでは、次に、ANA JCB一般カードの「マイル」に関する特典について、ご紹介します。

 

ANA JCB一般カードでマイルを貯める!特典の「年1回のボーナスマイル」と「搭乗ボーナスマイル」などについて、解説。

年に1回、ボーナスマイル「1,000マイル」がもらえる!(年1回のボーナスマイル)

年に1回、ボーナスマイル「1,000マイル」がもらえる!(年1回のボーナスマイル)
年に1回、ボーナスマイル「1,000マイル」がもらえる!(年1回のボーナスマイル)

ANA JCB一般カードに入会すると、ボーナスマイルとして「1,000マイル」が貰えます。

また、2年目以降、毎年カードを継続すると、同じくボーナスマイルとして「1,000マイル」が貰えます。

Take
Take

つまり、カードを継続すれば、毎年、1年ごとに1,000マイルもらえる」ことになりますね。

ちなみに、ボーナスマイルの「1,000マイル」

実は、東京→沖縄(片道)「当日料金」で乗ったときのマイルに相当します。
(984マイル)

※「東京→沖縄」の当日料金(ANA FLEX)は、通常55,710円。※2024/5/10時点

Take
Take

1,000マイルを得ようとすると、約55,710円必要になります。
(「東京→沖縄」当日料金の場合)

Take
Take

しかし、ANA JCB一般カードを持っていると、年会費の2,200円(税込)でゲット出来る」計算です!
(あくまで計算上ですが。)

なので、このボーナスマイル特典(1,000マイル)は、思っている以上に、「デカい特典」だと思います。

 

ANAに搭乗すると、マイルが「10%」割り増し!(搭乗ボーナスマイル)

ANAに搭乗すると、マイルが「10%」割り増し!(搭乗ボーナスマイル)
ANAに搭乗すると、マイルが「10%」割り増し!(搭乗ボーナスマイル)

ANA JCB一般カードを使って、ANAに搭乗すると、搭乗ボーナスマイル「×10%」が付与されます。(1割上乗せ)

Take
Take

上の画像だと、「ボーナスマイル・73マイル」(10%分)が上乗せ分です。

ANAをよく利用される方は、この特典も、デカくなっていくでしょう。

 

通常の買い物でも、「1,000円につき、ANAのマイル・5マイル」に交換可能。(5マイルコースの場合)

通常の買い物でも、「1,000円につき、ANAのマイル・5ポイント」
通常の買い物でも、「1,000円につき、ANAのマイル・5ポイント」

また、飛行機利用(搭乗)のほかに、普段の買い物でも「マイル」が貯まります。

  1. 1,000円利用につき、「OkiDokiポイント・1ポイント」が付与。
  2. OkiDokiポイントは、「1ポイント5マイル」で交換出来る。
Take
Take

つまり、1,000円利用すると、5マイル貯まりますよ!(5マイルコースの場合)
※1,000円→1ポイント5マイル

 

なお、マイルの交換には「5マイルコース」と「10マイルコース」の2つがあります。

利用先5マイルコース10マイルコース
交換レート1ポイント
5マイル
1ポイント
10マイル
手数料無料5,500円(税込)

※マルチポイントコースの場合。10マイルコースの手数料は、期間(1年)内に1度でもマイル交換された場合に発生。

 

【注意】早期割引で予約すると、貰えるマイルは75%に下がる(ただし、搭乗料金に比べるとメリットのほうが大きい。)

なお、飛行機予約時、早期割引(バリュー1など)で予約すると、貰えるマイルは「75%(×0.75)」に下がます(↓)。

クラス・運賃倍率(早期割引では「75%」)
クラス・運賃倍率(早期割引では「75%」)

「75%(×0.75)」部分は、「積算率」と呼ばれています。詳細>


当日料金(ANA FLEX)が「100%」。早期割引(ALUE 1~SUPER VALUE 75)が「75%」などと、設定されています。

 
料金体系の例(ANA・東京→沖縄)

ただ、当日料金(フレックス)かなり高いです。

早期割引(バリュー・スーパーバリュー)で予約したほうが、圧倒的に安いですね。

なので、マイルは少し下がりますが、早期割引で予約したほうが、メリットは大きいです。

 

ANA JCB一般カードは、マイル以外にも「様々な特典」あります!

「ANA JCB一般カード」は、マイル以外にも様々な特典がありますよ。

Take
Take

「割引特典」「安心機能」が搭載されています。

ANA JCB一般カードなら、様々な特典がある!
ANA JCB一般カードなら、様々な特典がある!
  • カード継続で、毎年1,000マイル付与
  • ANA搭乗ボーナス「10%」割増
  • ANA加盟店の買物でマイル付与
  • 旅行傷害保険(海外最高1,000万円)※自動付帯
  • 利用通知メール(即時)がある
  • ANA FESTAで割引あり
  • 機内販売で割引あり
  • ・・・ほかにも多数!

管理人オススメの「主な特典」をまとめてみました。

▼ あわせて読みたい
ANA JCB一般カードの特典まとめ。マイル関連の特典4つと、空港で割引ありなど。
ANA JCB一般カードの特典まとめ。マイル関連の特典4つと、空港で割引ありなど。

目次に戻る  

無料で飛行機に乗れる「特典航空券」。どんな航空券なの?利用条件も確認。

記事内で何回か出ている「特典航空券」

こちらの航空券について、簡単におさらいしておきましょう。

「特典航空券」は、マイルを使って、無料で飛行機に乗れるチケット。

「特典航空券」:マイルを使って、無料で飛行機に乗れるチケット
「特典航空券」:マイルを使って、無料で飛行機に乗れるチケット

「特典航空券」は、マイルを使って、無料で飛行機に乗れるチケットです。

必要マイルは、下の公式ページにてご確認ください。
必要マイルチャート(公式ページ)>

 
東京→沖縄(片道)の特典航空券は「7,000マイル」必要(ローシーズンの場合)
東京→沖縄(片道)の特典航空券は「7,000マイル」必要(ローシーズンの場合)

例えば、東京→沖縄なら、7,000マイルが必要になります。(ローシーズンの場合)

※東京→沖縄は、「801~1,000マイル区間の発着路線」です。

また、最低利用マイレージは、5,000マイルです。

 

ANAでは、3,000マイルから利用出来るキャンペーンを実施中!

「トクたびマイル」(ANA公式ページ)
「トクたびマイル」(ANA公式ページ)

なお、ANAでは、「3,000マイル」から特典航空券が利用出来るキャンペーンを、実施中です!

通常よりも少ないマイルで、おトクに旅が出来るサービス「トクたびマイル」

週替りでオトクな対象路線が変わりますよ。

今週のトクたびマイル(公式ページ)>

目次に戻る  

 

まとめ

「ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料で航空券をゲット。 何をすれば良い?」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 東京→大阪を、3年に1回無料で搭乗したい場合、何をすればよいのかシミュレーションしました。
  2. シミュレーション結果は、「東京⇔沖縄(往復)」を年1回旅行するor1年間に「27万円」決済。これを3年継続する。
  3. ANA JCB一般カードの特典は「年1回のボーナスマイル」「搭乗ボーナスマイル」など。

と、なります。

これからもANA JCB一般カードを検討されている方に、ANA JCB一般カードの特典内容やメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Take
Take
クレジットカード案内人
クレジットカードを使って「オトクな生活」を実行中です!

現在JCBゴールドを契約。JCBゴールド ザ・プレミア獲得に向けて修行中。
記事URLをコピーしました