ANA JCB一般カードの特典まとめ。マイル関連の特典4つと、空港で割引ありなど。

NA JCB一般カードの特典まとめ。マイル関連の特典4つと、空港で割引ありなど。
Take
<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

このサイトのページには「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、ご安心ください。

こんにちは!クレカぐらしのTakeです!

今日は「ANA JCB一般カードの特典」について、解説しますよ。

今すぐに「ANA JCB一般カードの特典まとめ」を見たい場合は、こちらからジャンプ▼してくださいね。

Saki
Saki

ANA JCBカードは、「旅行好き」にぴったりなカードね。

Take
Take

「ANAのマイル」貯まりやすいカードですね。

「ANA JCB一般カードは、ANA JCBカードシリーズの中で、「もっとも一般的なカード」です。

こちらのカードは、「マイルに関する特典」が充実しているのが特徴です。
しかし、マイル以外にも、うれしい特典が何個かありますよ。

そこで、ANA JCB一般カードの「マイルに関する特典」と「マイル以外の特典」をご紹介します。

この記事で分かる3つのポイント
  1. ANA JCB一般カードの基本情報を確認。詳細>
  2. ANA JCB一般カード「マイルを貯める」特典まとめ。詳細>
  3. ANA JCB一般カード「マイル以外」特典まとめ。詳細>

スポンサーリンク

ANA JCB一般カードの年会費は、2,200円(税込)。初年度は「無料」です。

ANA JCB一般カード:年会費は、2,200円(税込)。
ANA JCB一般カード:年会費は、2,200円(税込)。

「ANA JCB一般カード」の年会費は、2,200円(税込)となります。

また、家族会員(家族カード)の年会費は、1,100円(税込)です。

Take
Take

なお、初年度の年会費は「無料」ですよ~。
(※2年目以降から年会費が発生。)

目次に戻る  

 

ANA JCB一般カードは、「マイルを貯める」に関しての特典がたくさん!

ANA JCB一般カードは、「マイルを貯める」に関しての特典がたくさんありますよ。

「マイル貯める」以外の特典まとめはこちら▼

ANA JCB一般カードの特典まとめ(マイル関連)
ANA JCB一般カードの特典まとめ(マイル関連)
マイル特典内容
入会・継続ボーナス毎年1000マイルもらえる
ANA搭乗ボーナスマイルが「10%」割り増し
JCBカード特典普段の買い物で「ポイント経由のマイル」もらえる
ANA加盟店特典加盟店での買い物で「マイル」がもらえる

オトクな情報!

ANA JCB一般カードは、初年度年会費が無料お試し出来ます!詳細▼

 

【特典1】入会・継続で「毎年、1,000マイル」が付与される。(ANAカード特典)

年に1回、ボーナスマイル「1,000マイル」がもらえる!(年1回のボーナスマイル)
年に1回、ボーナスマイル「1,000マイル」がもらえる!(年1回のボーナスマイル)

ANA JCB一般カードに入会すると、ボーナスマイルとして「1,000マイル」が貰えます。

また、2年目以降、毎年カードを継続すると、同じくボーナスマイルとして「1,000マイル」が貰えます。

Take
Take

つまり、カードを継続すれば、毎年、1年ごとに1,000マイルもらえる」ことになりますね。

ちなみに、ボーナスマイルの「1,000マイル」

実は、東京→沖縄(片道)「当日料金」で乗ったときのマイルに相当します。
(984マイル)

※「東京→沖縄」の当日料金(ANA FLEX)は、通常55,710円。※2024/5/10時点

Take
Take

1,000マイルを得ようとすると、約55,710円必要になります。
(「東京→沖縄」当日料金の場合)

Take
Take

しかし、ANA JCB一般カードを持っていると、年会費の2,200円(税込)でゲット出来る」計算です!
(あくまで計算上ですが。)

なので、このボーナスマイル特典(1,000マイル)は、思っている以上に、「デカい特典」だと思います。

特典一覧に戻る  

 

【特典2】ANAに搭乗すると、マイルが「10%」割り増し!(ANAカード特典)

ANAに搭乗すると、マイルが「10%」割り増し!(搭乗ボーナスマイル)
ANAに搭乗すると、マイルが「10%」割り増し!(搭乗ボーナスマイル)

ANA JCB一般カードを使って、ANAに搭乗すると、搭乗ボーナスマイル「×10%」が付与されます。(1割上乗せ)

Take
Take

上の画像だと、「ボーナスマイル・73マイル」(10%分)が上乗せ分です。

ANAをよく利用される方は、この特典も、デカくなっていくでしょう。

特典一覧に戻る  

 

【特典3】普段の買い物で、「1,000円につき、5マイルor10マイル」が付与。(JCBカード特典)

マイルは、「入会・継続ボーナス」「ANAに搭乗」以外に、普段の買い物でも貯めることができます。

Take
Take

【特典3】は、「JCBカードの、独自特典」となります。

 

1,000円につき1ポイント付与。通常なら「1ポイント→5マイル」で交換できる。

通常の買い物でも、「1,000円につき、ANAのマイル・5ポイント」
通常の買い物でも、「1,000円につき、ANAのマイル・5ポイント」

普段の買い物で、1,000円利用すると、OkiDokiポイント1ポイント獲得。

通常の「5マイルコース」だと、「1ポイント5マイル」に交換できますよ。

OkiDokiポイントは、JCBカードで使われるポイントです。

「JCBのOkiDokiポイント」は、「ANAのマイル」に交換することが出来ます。

 

手数料5,500円(税込)を支払うと、「1ポイント→10マイル」で交換が可能。

交換手数料を支払うと、「1ポイント→10マイル」で交換が可能。
交換手数料を支払うと、「1ポイント→10マイル」で交換が可能。

なお、マイルの交換には「5マイルコース」と「10マイルコース」の2つがあります。

利用先5マイルコース10マイルコース
交換レート1ポイント
5マイル
1ポイント
10マイル
手数料無料5,500円(税込)

※マルチポイントコースの場合。10マイルコースの手数料は、期間(1年)内に1度でもマイル交換された場合に発生。

Take
Take

「10マイルコース」にすると、マイルの交換レート高くなります

Take
Take

しかし、10マイルコースは、「交換手数料5,500円(税込)が発生します。

Saki
Saki

「5マイルコース」「10マイルコース」、どちらが良いか迷うわね・・・。

「5マイルコース・10マイルコース」の損益分岐点については、後日、記事をアップする予定です。

 

ちなみに、「5マイルコース」「10マイルコース」のコース変更は、いつでも出来ます
(※マルチポイントコースの場合。変更の反映タイミングは、変更申込日の「翌々日」。)

そのため、実際に交換したい時に、どちらが良いか考えればOKですね。

具体的にどれだけ買い物すれば良い?

必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?

「航空の距離(マイル区間)」ごと「普段の買い物をどれだけすれば良いのかをシミュレーションしました。

詳しくは、マイルを貯める以外の特典1▼ をご覧ください。

マイル交換に関して、「マルチポイントコース」と「マイル自動移行コース」があります。
この記事では「マルチポイントコース」を前提に書いています。

特典一覧に戻る  

 

【特典4】対象店舗で買い物すると、「200円or100円につき、1マイル」が付与。(ANAカード特典)

ANAカードマイルプラス加盟店で、買い物すると、マイルが貯まる。
ANAカードマイルプラス加盟店で、買い物すると、マイルが貯まる。

ANAカードマイルプラス加盟店で、買い物をすると、マイルが貯まります

Take
Take

「JCBカードのポイント(OkiDokiポイント)とは別に、さらに200円 or 100円につき、1マイル」が付与されますよ。

Take
Take

少しややこしいのですが、【特典4】は、「ANAカード特典」となります。

ANAカードマイルプラス加盟店はたくさんあります。

例えば、加盟店の一つである「セブンイレブン」

料金を、ANA JCB一般カードで支払うと、「200円につき1マイル」付与されますよ。

ANAカードマイルプラス(ANA公式サイト)>

セブンイレブンで1,000円買い物すると
  1. JCBカード特典(特典3):1ポイント獲得。1ポイント→5マイルに交換できる
  2. ANAカード特典(特典4)5マイル獲得できる
  3. つまり、「特典3+特典4」で、10マイル獲得できる
    (5マイル+5マイル)

セブンイレブンは「200円につき1マイル」ですが、「100円につき1マイル」付与される加盟店も、たくさんあります。

特典一覧に戻る  

以上、ここまでは、「マイルを貯める」に関しての特典を、たくさんご紹介しました。

目次に戻る  

 

ANA JCB一般カードは、「マイルを貯める」以外の特典も、たくさんあります!

ANA JCB一般カードは、「マイルを貯める」以外にも、特典がたくさんありますよ。

細かいものを含めると多数あります。

今回は「主な特典」を中心にご紹介します。

ANA JCB一般カードの特典まとめ(マイル以外)
ANA JCB一般カードの特典まとめ(マイル以外)
特典内容
無料の航空券ゲットマイルを使って「特典航空券」ゲット
空港内のANA店舗5%割引でお買い物できる
利用通知メールカード利用でメール(即時)で安心
ショッピング保険偶然な事故による損害を補償
旅行傷害保険旅行保険が無料で使える(海外のみ)
翌年ポイントアップ利用金額に応じて翌年ポイント1.2倍(最大)
JCBプラザ現地デスクが旅をサポート(海外)

オトクな情報!

ANA JCB一般カードは、初年度年会費が無料お試し出来ます!詳細▼

 

【特典1】貯めたマイルを使って、無料の航空券(特典航空券)をゲットすることができる!

貯めたマイルを使って、無料の航空券(特典航空券)をゲット
貯めたマイルを使って、無料の航空券(特典航空券)をゲット

「ANA JCB一般カード」などで貯めたマイルは、下の目的で使う人が多いと思います。

マイル貯めたい人
マイル貯めたい人

マイルを貯めたら、「無料の航空券(特典航空券)で旅行するぞ!

「タダ」で飛行機に乗って、旅行に行ける、というのは夢がありますね・・・(嬉)。

Saki
Saki

でも、どれだけ貯めたら良いの?

そこで、具体的にシミュレーションしてみました。

 

マイルを貯める(1):お買い物で貯めるなら、どれくらい買い物をすれば良い?

必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?
必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?

マイルを貯めるために、どれくらい買い物をすれば良いのかをシミュレーションしてみました。

下の画像は、「801~1,000マイル区間(片道)の「特典航空券を得るために必要な、買い物金額」のシミュレーション結果です。

801~1,000マイル区間の例:東京→沖縄/札幌→福岡

801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

特典航空券2年に1回利用(レギュラーシーズンの場合)

  • 5マイルコース:1年に70万円(2年で140万円)
  • 10マイルコース:1年に35万円(2年で70万円)※別途手数料必要。

他にも、色々なケースでシミュレーションしていますよ。

▼ あわせて読みたい
特典航空券ほしい!必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?(ANA JCB一般カード編)
特典航空券ほしい!必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?(ANA JCB一般カード編)
 

マイルを貯める(2):ANA搭乗で貯めるなら、どれくらい飛行機に乗れば良い?

マイルを貯めるために、どれくらい飛行機に乗れば良いのかをシミュレーションしてみました。

例:東京→大阪を無料で利用するには、東京⇔沖縄(往復)を年1回×3年で達成
例:東京→大阪を無料で利用するには、東京⇔沖縄(往復)を年1回×3年で達成

特典航空券3年に1回利用する場合

  • 東京⇔沖縄(往復)を早期割引(バリュー1など)年1回旅行すると、3年間に1回東京→大阪(片道)無料で利用することが出来る。

具体的なシミュレーション内容は、下の記事でまとめましたよ。

▼ あわせて読みたい
ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料で航空券をゲット。 何をすれば良い?
ANA JCB一般カードでマイル貯めて、無料で航空券をゲット。 何をすれば良い?

特典一覧に戻る  

 

【特典2】空港内の店舗「ANA FESTA」で、5%割引!

空港内の店舗「ANA FESTA」
空港内の店舗「ANA FESTA」

空港内の店舗「ANA FESTA」で「ANA JCB一般カード」を提示すると、「5%割引」でお買い物ができます。

Take
Take

1回の注文が「1,000円(税込)以上」の場合に、割引がありますよ。
※一部商品・一部店舗は、割引対象外となります。

「ANA JCB一般カード」をレジの読み取り機に通すると、割引が適用されます。

「ANA FESTA」は、国内の主要空港に、たくさんありますよ。
※残念ながら、関西地区には、「ANA FESTA」がありません・・・。

ANA FESTA(公式ページ)>

「ANA FESTA」特典は、「ANAカード特典」となります。

特典一覧に戻る  

 

【特典3】利用通知メールが来るから、安心。

決済すると、すぐにメールにて利用通知が届く
決済すると、すぐにメールにて利用通知が届く

ANA JCB一般カードなら、「即時利用通知」のメールがあります。

カードで決済すると、すぐに「利用通知メール」が送付されますよ。

カードを利用する度に、メールが来るので、不正利用の探知にも役立ちますね。

Take
Take

怪しいと思ったら、確認して、JCBに連絡です!

なお、すべての決済で、利用通知が来るわけではありません。

下の記事では、「利用通知が来ないケース」と、「利用通知の始め方・設定方法」をご紹介していますよ。

▼ あわせて読みたい
JCBカードは、即時利用通知あり!メールが来ないケースの推測。通知設定方法もご紹介。
JCBカードは、即時利用通知あり!メールが来ないケースの推測。通知設定方法もご紹介。

「利用通知メール」は、「JCBカード特典」となります。

特典一覧に戻る  

 

【特典4】ショッピング保険があるから、安心。(海外のみ)

JCBゴールド:ショッピングガード保険
ショッピングガード保険

ANA JCB一般カードなら、「ショッピングガード保険」があります。

「ANA JCB一般カード」で購入された品物の「破損・盗難」を、購入日から90日間補償します。

注意点

ただし、対象になるのは「海外」で購入したものに限ります

「国内」で購入したものは、対象外です。ご注意を。

保険金額の上限は「100万円」です。

Take
Take

年会費それほど高くないのに、補償額は多めですね。

自己負担金は、1回の事故につき、10,000円。
また、補償対象の条件は、色々ありますので、詳細は、JCB公式ページをご覧ください。

Take
Take

補償対象外のものとして、「食料品・金券類・車・携帯電話」などがあります。

「ショッピングガード保険」は、「JCBカード特典」となります。

特典一覧に戻る  

 

【特典5】旅行傷害保険がある。(海外のみ・注意点あり)

旅行傷害保険がある。(海外のみ)
旅行傷害保険がある。(海外のみ)

ANA JCB一般カードには、「海外旅行傷害保険」が付属しています。

「国内旅行」対象外です。

海外旅行時、「ANA JCB一般カード」を持っていると、万が一の場合に補償があります。

■海外旅行傷害保険(一部だけ抜粋)

内容補償金額
死亡・後遺傷害の場合最高1,000万円

ただし、大きな注意点があります。

注意点

補償内容は、傷害による死亡・後遺障害と救援者費用のみ。

治療費用・賠償責任・携行品損害の補償はありません

利用機会の多い「治療費用」などが補償対象に含まれていません

よって、「この保険さえあれば、もう大丈夫!」とはなりません。

Take
Take

旅行保険を充実させたい場合は、別途「海外旅行保険」を申し込むことをオススメします。

なお、ANA JCB一般カードの保険には、他にも、「国内航空傷害保険」がありますよ。
(航空機搭乗中・飛行場構内のみ、保障対象。)

詳しい保険内容は、ANA公式サイトをご確認ください。

ANAカード付帯傷害保険(公式サイト)>

「旅行傷害保険」は、「ANAカード特典」となります。

旅行保険は、保険により「補償内容」が異なります。

必ず保険内容を確認し、ニーズにあっているかを確認してください。

特典一覧に戻る  

 

【特典6】JCBスターメンバーズ制度で、翌年のポイント付与額がアップ!(増額分は、注意点あり)

JCBスターメンバーズ集計期間・特典適用期間
JCBスターメンバーズ集計期間・特典適用期間

ANA JCB一般カードには、「JCBスターメンバーズ」というプログラムがあります。

集計期間中のご利用合計金額(税込)によって、翌年の「ポイント付与額(倍率)」がアップされますよ。
(※1.0倍~1.2倍)

■JCB STAR MEMBERS 2025

  • 集計期間:2023年12月16日~2024年12月15日利用分
  • 特典適用期間:2024年12月16日~2025年12月15日利用分
集計期間中のご利用合計金額(税込)メンバーランク名称ANA JCB一般カード倍率内訳
100万円以上スターα1.2倍通常「1倍」・
ボーナス「+0.2倍」
50万円以上スターβ1.1倍通常「1倍」・
ボーナス「+0.1倍」
注意点

JCBスターメンバーズで加算されるポイントは「ボーナスポイント(「+0.1倍」~「+0.2倍」)となります。

ボーナスポイントのマイル交換は、最低「500ポイント」必要となります。

また、交換レートは、「1ポイント→3マイルとなります。
(「1ポイント→5マイル(or10マイル)」ではない。)

正直にいうと、「JCBスターメンバーズで加算されるポイント」を「マイルに交換」する場合は、使い勝手が悪いです。

マイルの交換レート低い上、最低500ポイント必要なので、ハードルが高いです。

あまり期待はしないほうが良いでしょう。

「JCBスターメンバーズ」は、「JCBカード特典」となります。

ボーナスポイント分は、「JCBオリジナルシリーズ(JCBカードSなど)」の交換レート同じです(1ポイント→3マイル)。
通常ポイント分だけ、「ANA JCBカード」の交換レートが適用されます(1ポイント→5マイルor10マイル)。

特典一覧に戻る  

 

【特典7】海外旅行で「JCBプラザ・JCBプラザ ラウンジ」が使える!

海外旅行で「JCBプラザ・JCBプラザ ラウンジ」が使える
海外旅行で「JCBプラザ・JCBプラザ ラウンジ」が使える

出典)JCB PLAZA(上の画像は「JCBプラザ ラウンジ」)※JCBカード公式

JCBカードを持っていると、海外旅行時、「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ」が使えます(無料)

JCBカードの提示で、「カード会員」と、カード会員の「同伴者」が、利用できますよ。

Take
Take

日本語対応ができる、現地スタッフ」が対応します。

「JCBプラザ」は、海外に設置されたサービス窓口。
緊急時などのサポートや、観光案内・レストランの予約に対応します。

さらに、「JCBプラザ ラウンジ」では、ドリンクサービスマッサージ機などのサービスも利用できますよ。

JCBプラザ・JCBプラザ ラウンジ(公式サイト)>

「JCBプラザ・JCBプラザ ラウンジ」は、「JCBカード特典」となります。

特典一覧に戻る  

 

以上、ANA JCB一般カードの「マイル以外の主な特典」をご紹介しました。

 

初年度の年会費は「無料」。実際に、特典がぴったりか、確かめてみよう!

ANA JCB一般カード:初年度の年会費は「無料」
ANA JCB一般カード:初年度の年会費は「無料」

ANA JCB一般カードの「マイルに関する特典」「マイル以外の主な特典」をご紹介しました。

しかし、

オトクに使いたい人
オトクに使いたい人

本当に「マイル貯まるの」?他の特典は「使える」

このように、まだ、心配は解消されないかもしれません。

そこで「ANA JCB一般カード」は、初年度の年会費が「無料」になるキャンペーンを実施しています。

まずは気軽に「無料期間」で「本当に使いこなせるか」を確認。

「次年度以降、ANA JCB一般カードを続けるか」を判断されてもよいと思いますよ。

ANA JCB一般カードの概要
ANA JCB一般カード(券面)
  • ANAマイラーにオススメのカード。
  • 年会費2,200円/年(税込)
    (初年度年会費無料)
  • ANAマイル貯まりやすい
  • 毎年1,000マイルもらえる!(入会・継続特典)

公式ページ ANA JCB一般

 

なお、カード入会時、4つのコースから1つ選ぶ必要があります。

ANA JCB一般カードには4つのコースあり。
ANA JCB一般カードには4つのコースあり。

コースはいつでも変更できるため、ひとまず「マルチポイントコース(5マイル)」を選択しておけば良いでしょう。

Take
Take

管理人も「マルチポイントコース(5マイル)」で申し込みをしていますよ。

目次に戻る  

 

まとめ

「ANA JCB一般カードの特典まとめ。マイル関連の特典4つと、空港で割引ありなど。」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 「ANA JCB一般カード」の年会費は、2,200円(税込)。家族カードは、1,100円(税込)。
  2. ANA JCB一般カードは、「マイルを貯める」に関しての特典がたくさんあります。
  3. マイル以外の特典は、マイル貯めて「特典航空券」がもらえることや、「ANA FESTAでの割引」など。

と、なります。

これからもANA JCB一般カードを検討されている方に、ANA JCB一般カードの特典内容やメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Take
Take
クレジットカード案内人
クレジットカードを使って「オトクな生活」を実行中です!

現在JCBゴールドを契約。JCBゴールド ザ・プレミア獲得に向けて修行中。
記事URLをコピーしました