特典航空券ほしい!必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?(ANA JCBワイドゴールドカード編)

特典航空券ほしい!必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?(ANA JCBワイドゴールドカード編)
Take
<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。

このサイトのページには「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、ご安心ください。

こんにちは!クレカぐらしのTakeです!

今日は、「必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?」について、解説しますよ。

Saki
Saki

「特典航空券」がほしいけど、どれくらいのお買い物すれば良いの

Take
Take

えっと・・・。
いくら買い物すれば良いのか、すぐには分からないなあ・・・。

そこで、当サイト「クレカぐらし」の管理人が、エクセル使って、シミュレーションしてみました!

↓例えば、こんな感じ。↓

801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

今回は、「ANA JCBワイドゴールドカード」編です。

Take
Take

目標金額が分かれば、マイルを貯めるモチベーションにも繋がりますね。

シミュレーションすると、「マイル区間によって、オトクに使える使えないがある」ということも分かってきました。

この記事は「どれだけ買い物すれば良いの?編」です。

「どれだけ飛行機に乗れば良いの?編」はこちらからご確認ください。

この記事で分かる3つのポイント
  1. どれだけ買い物すれば良いの?シミュレーションしてみた!詳細>
  2. マイル区間別に、シミュレーション結果を発表!詳細>
  3. シミュレーション結果の計算方法について、解説。詳細>

Contents
  1. 必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?シミュレーションしてみました。
  2. 801~1,000マイル区間:特典航空券ゲットするには、どれだけ買い物すれば良い?
  3. 301~800マイル区間:特典航空券ゲットするには、どれだけ買い物すれば良い?
  4. 0~300マイル区間:特典航空券ゲットするには、どれだけ買い物すれば良い?
  5. シミュレーション結果の計算方法について、ざっくり解説。
  6. ANA JCBカードで使える特典!色々あります。
  7. まとめ
スポンサーリンク

必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?シミュレーションしてみました。

必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?
必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?

必要マイル数に到達するには「どれだけ買い物すれば良いのか」を、シミュレーションしてみました。

「マイル区間」ごとに、必要なお買い物金額をシミュレーションしています。

さらに、以下のケースで、それぞれシミュレーションしていますよ。

  1. 片道/往復
  2. 特典航空券の利用:2年に1回/毎年
  3. シーズン:ローシーズン/レギュラーシーズン/ハイシーズン

まずは、参考にしたい「マイル区間」から選んでくださいね。

マイル区間を選択
  1. 801~1,000マイル
    (例:東京→沖縄/札幌→福岡)
  2. 301~800マイル
    (例:東京→札幌/大阪→沖縄)
  3. 0~300マイル
    (例:東京→大阪/大阪→福岡)

「マイル区間」は、こちらから確認。

「各都市の、マイル区間」については、下のリンクからご確認ください。

シーズン・必要マイルチャート(ANA公式)>

Take
Take

「区間ごとの発着路線」というところに、「0~300マイル区間の発着路線」「301~800マイル区間の発着路線」「801~1,000マイル区間の発着路線」が書かれています。

特典航空券に必要なマイル数は、「マイル区間」によって変わってきます。

また、「シーズン」によっても変わります。

 

801~1,000マイル区間:特典航空券ゲットするには、どれだけ買い物すれば良い?

801~1,000マイル区間で、特典航空券をゲットするには、どれだけ買い物すれば良いのか、シミュレーションしてみました。

 

片道:毎年特典航空券使う場合「70万円/年」必要。2年に1回なら「25万円/年」必要。

毎年特典航空券使う場合、1年で「70万円」必要。

801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

様々なケースでシミュレーションした結果を、上の画像でまとめています。
(※計算方法は、後でご紹介します。)

1つ目として、1年に1回(毎年)、特典航空券を使う」前提で、「レギュラーシーズン」というケースについて、解説します。
(上の画像の「ここを解説①」部分です。)

1年70万円」お買い物をすると、1年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Saki
Saki

「1年で70万円」なら、無理なくお買い物ができそうね。

  1. 801~1,000マイル区間・片道の「必要マイル」は、9,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、1年で2,000マイル獲得できます。(残り7,000マイル獲得が必要)
 

カードの年会費が高いため、「普通に航空券を買った場合」「カードの年会費」を比べてみましょう。

「カードでのお買い物」で「特典航空券を得る」ためには、当然ですが「カードの年会費」を支払う必要があります。

カード年会費を「費用」として考えた場合、損をしていないかを、シミュレーションしています。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)

例えば、「東京→沖縄(片道)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約22,390円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費は、1年で「15,400円(税込)」です。

なので、充分オトクかと言われると「微妙」ではありますが、一応、「年会費以上のオトクがある」と言えるでしょう。

 

2年に1回特典航空券使う場合、1年ごとに「25万円」必要。このケースでは、オトク感が無い。

801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

次に、上と同じ画像で、「2年に1回、特典航空券使う」場合を見ていきましょう。
(上の画像の「ここを解説②」部分です。)

1年ごと25万円」お買い物をすると、2年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Take
Take

1年で25万円2年=50万円」で、必要マイル数に達成する計算です。

  1. 801~1,000マイル区間・片道の「必要マイル」は、9,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、2年で4,000マイル獲得できます。(残り5,000マイル獲得が必要)

ただし「2年に1回使う」場合、年会費を考えると、特典航空券を使うメリットがあまりありません。

Take
Take

簡単に言うと、「普通に航空券を買うほうが安い」という結果になったからです。
(2年間の年会費を比べると。)

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)

例えば、「東京→沖縄(片道)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約22,390円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費が2年で「30,800円(税込)」必要になるため、普通に支払ったほうが安い結果となりました。

※今回は「東京→沖縄(片道)」を例で挙げましたが、旅行先によって、料金はかなり変わってきます。

 

他にも、様々な条件でシミュレーションしています。

他にも、「ローシーズン・ハイシーズンの必要お買い物金額」もシミュレーションしています。

ぜひ、参考にしてくださいね。↓

801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

今回のシミュレーションは、2024年6月20日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

 

往復:毎年特典航空券使う場合「160万円/年」必要。2年に1回なら「70万円/年」必要。

毎年特典航空券使う場合、1年で「160万円」必要。

801~1,000マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

様々なケースでシミュレーションした結果を、上の画像でまとめています。
(※計算方法は、後でご紹介します。)

1つ目として、1年に1回(毎年)、特典航空券を使う」前提で、「レギュラーシーズン」というケースについて、解説します。
(上の画像の「ここを解説①」部分です。)

1年160万円」お買い物をすると、1年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Saki
Saki

「1年で160万円」・・・。ハードルが高いわね・・・。

  1. 801~1,000マイル区間・往復の「必要マイル」は、18,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、1年で2,000マイル獲得できます。(残り16,000マイル獲得が必要)

カードの年会費が高いため、「普通に航空券を買った場合」「カードの年会費」を比べてみましょう。

「カードでのお買い物」で「特典航空券を得る」ためには、当然ですが「カードの年会費」を支払う必要があります。

カード年会費を「費用」として考えた場合、損をしていないかを、シミュレーションしています。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)

例えば、「東京⇔沖縄(往復)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約42,600円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費は、1年で「15,400円(税込)」です。

なので、充分年会費以上のオトクがある」と言えるでしょう。

 

2年に1回特典航空券使う場合、1年ごとに「70万円」必要。充分おトク感はある。

801~1,000マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

次に、上と同じ画像で、「2年に1回、特典航空券使う」場合を見ていきましょう。
(上の画像の「ここを解説②」部分です。)

1年ごと70万円」お買い物をすると、2年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Take
Take

1年で70万円2年=140万円」で、必要マイル数に達成する計算です。

  1. 801~1,000マイル区間・往復の「必要マイル」は、18,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、2年で4,000マイル獲得できます。(残り14,000マイル獲得が必要)
Saki
Saki

「1年で70万円」・・・。現実的なラインね!

Take
Take

そうです!「801~1,000マイル・往復」なら、「2年に1回」がオススメです!

年会費を考えても、特典航空券を使うメリットは大きいと思います。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)

例えば、「東京⇔沖縄(往復)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約42,600円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費は、2年で「30,800円(税込)」です。

なので、差額の約11,800円ほどが「オトク」になっていることになります。

※今回は「東京⇔沖縄(往復)」を例で挙げましたが、旅行先によって、料金はかなり変わってきます。

 

他にも、様々な条件でシミュレーションしています。

他にも、「ローシーズン・ハイシーズンの必要お買い物金額」もシミュレーションしています。

ぜひ、参考にしてくださいね。↓

801~1,000マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
801~1,000マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

今回のシミュレーションは、2024年6月20日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

 

301~800マイル区間:特典航空券ゲットするには、どれだけ買い物すれば良い?

301~800マイル区間で、特典航空券をゲットするには、どれだけ買い物すれば良いのか、シミュレーションしてみました。

 

片道:毎年特典航空券使う場合「55万円/年」必要。2年に1回なら「17.5万円/年」必要。

毎年特典航空券使う場合、1年で「55万円」必要。

301~800マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
301~800マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

様々なケースでシミュレーションした結果を、上の画像でまとめています。
(※計算方法は、後でご紹介します。)

1つ目として、1年に1回(毎年)、特典航空券を使う」前提で、「レギュラーシーズン」というケースについて、解説します。
(上の画像の「ここを解説①」部分です。)

1年55万円」お買い物をすると、1年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Saki
Saki

「1年で55万円」なら、無理なくお買い物ができそうね。

  1. 301~800マイル区間・片道の「必要マイル」は、7,500マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、1年で2,000マイル獲得できます。(残り5,500マイル獲得が必要)
 

カードの年会費が高いため、「普通に航空券を買った場合」「カードの年会費」を比べてみましょう。

「カードでのお買い物」で「特典航空券を得る」ためには、当然ですが「カードの年会費」を支払う必要があります。

カード年会費を「費用」として考えた場合、損をしていないかを、シミュレーションしています。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)

例えば、「東京→札幌(片道)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約30,000円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費は、1年で「15,400円(税込)」です。

なので、充分年会費以上のオトクがある」と言えるでしょう。

 

2年に1回特典航空券使う場合、1年ごとに「17.5万円」必要。このケースでは、オトク感が無い。

301~800マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
301~800マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

次に、上と同じ画像で、「2年に1回、特典航空券使う」場合を見ていきましょう。
(上の画像の「ここを解説②」部分です。)

1年ごと17.5万円」お買い物をすると、2年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Take
Take

1年で17.5万円2年=35万円」で、必要マイル数に達成する計算です。

  1. 301~800マイル区間・片道の「必要マイル」は、7,500マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、2年で4,000マイル獲得できます。(残り3,500マイル獲得が必要)

ただし「2年に1回使う」場合、年会費を考えると、特典航空券を使うメリットがあまりありません。

Take
Take

簡単に言うと、「普通に航空券を買うほうが安い」という結果になったからです。
(2年間の年会費を比べると。)

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)

例えば、「東京→札幌(片道)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約30,000円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費が2年で「30,800円(税込)」必要になるため、普通に支払ったほうが安い結果となりました。

※今回は「東京→札幌(片道)」を例で挙げましたが、旅行先によって、料金はかなり変わってきます。

 

他にも、様々な条件でシミュレーションしています。

他にも、「ローシーズン・ハイシーズンの必要お買い物金額」もシミュレーションしています。

ぜひ、参考にしてくださいね。↓

301~800マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
301~800マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

今回のシミュレーションは、2024年6月20日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

 

往復:毎年特典航空券使う場合「130万円/年」必要。2年に1回なら「55万円/年」必要。

毎年特典航空券使う場合、1年で「130万円」必要。

301~800マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
301~800マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

様々なケースでシミュレーションした結果を、上の画像でまとめています。
(※計算方法は、後でご紹介します。)

1つ目として、1年に1回(毎年)、特典航空券を使う」前提で、「レギュラーシーズン」というケースについて、解説します。
(上の画像の「ここを解説①」部分です。)

1年130万円」お買い物をすると、1年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Saki
Saki

「1年で130万円」・・・。
メインカードで使うなら、出来ない額ではないわね・・・。

  1. 301~800マイル区間・往復の「必要マイル」は、15,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、1年で2,000マイル獲得できます。(残り13,000マイル獲得が必要)

カードの年会費が高いため、「普通に航空券を買った場合」「カードの年会費」を比べてみましょう。

「カードでのお買い物」で「特典航空券を得る」ためには、当然ですが「カードの年会費」を支払う必要があります。

カード年会費を「費用」として考えた場合、損をしていないかを、シミュレーションしています。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)

例えば、「東京⇔札幌(往復)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約57,080円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費は、1年で「15,400円(税込)」です。

なので、充分年会費以上のオトクがある」と言えるでしょう。

 

2年に1回特典航空券使う場合、1年ごとに「55万円」必要。充分おトク感はある。

301~800マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
301~800マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

次に、上と同じ画像で、「2年に1回、特典航空券使う」場合を見ていきましょう。
(上の画像の「ここを解説②」部分です。)

1年ごと55万円」お買い物をすると、2年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Take
Take

1年で55万円2年=110万円」で、必要マイル数に達成する計算です。

  1. 301~800マイル区間・往復の「必要マイル」は、15,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、2年で4,000マイル獲得できます。(残り11,000マイル獲得が必要)
Saki
Saki

「1年で55万円」・・・。
サブカードでも使えそうな金額ね。

年会費を考えても、特典航空券を使うメリットは大きいと思います。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)

例えば、「東京⇔札幌(往復)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約57,080円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費は、2年で「30,800円(税込)」です。

なので、差額の約26,280円ほどが「オトク」になっていることになります。

※今回は「東京⇔札幌(往復)」を例で挙げましたが、旅行先によって、料金はかなり変わってきます。

 

他にも、様々な条件でシミュレーションしています。

他にも、「ローシーズン・ハイシーズンの必要お買い物金額」もシミュレーションしています。

ぜひ、参考にしてくださいね。↓

301~800マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
301~800マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

今回のシミュレーションは、2024年6月20日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

 

0~300マイル区間:特典航空券ゲットするには、どれだけ買い物すれば良い?

0~300マイル区間で、特典航空券をゲットするには、どれだけ買い物すれば良いのか、シミュレーションしてみました。

 

片道:毎年特典航空券使う場合「40万円/年」必要。2年に1回なら「10万円/年」必要。

毎年特典航空券使う場合、1年で「40万円」必要。このケースでは、オトク感が無い。

0~300マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
0~300マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

様々なケースでシミュレーションした結果を、上の画像でまとめています。
(※計算方法は、後でご紹介します。)

1つ目として、1年に1回(毎年)、特典航空券を使う」前提で、「レギュラーシーズン」というケースについて、解説します。
(上の画像の「ここを解説①」部分です。)

1年40万円」お買い物をすると、1年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Saki
Saki

「1年で40万円」なら、無理なくお買い物ができそうね。

  1. 0~300マイル区間・片道の「必要マイル」は、6,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、1年で2,000マイル獲得できます。(残り4,000マイル獲得が必要)

ただし年会費を考えると、特典航空券を使うメリットがあまりありません。

Take
Take

簡単に言うと、「普通に航空券を買うほうが安い」という結果になったからです。
(2年間の年会費を比べると。)

「カードでのお買い物」で「特典航空券を得る」ためには、当然ですが「カードの年会費」を支払う必要があります。

カード年会費を「費用」として考えた場合、損をしていないかを、シミュレーションしています。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)

例えば、「東京→大阪(片道)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約14,680円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費が1年で「15,400円(税込)」必要になるため、普通に支払ったほうが安い結果となりました。

※今回は「東京→大阪(片道)」を例で挙げましたが、旅行先によって、料金はかなり変わってきます。

 

2年に1回特典航空券使う場合、1年ごとに「10万円」必要。このケースでも、オトク感が無い。

0~300マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
0~300マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

次に、上と同じ画像で、「2年に1回、特典航空券使う」場合を見ていきましょう。
(上の画像の「ここを解説②」部分です。)

1年ごと10万円」お買い物をすると、2年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Take
Take

1年で10万円2年=20万円」で、必要マイル数に達成する計算です。

  1. 0~300マイル区間・片道の「必要マイル」は、6,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、2年で4,000マイル獲得できます。(残り2,000マイル獲得が必要)

ただし「2年に1回使う」場合も、年会費を考えると、特典航空券を使うメリットがあまりありません。

Take
Take

簡単に言うと、「普通に航空券を買うほうが安い」という結果になったからです。
(2年間の年会費を比べると。)

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)

例えば、「東京→大阪(片道)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約14,680円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費が2年で「30,800円(税込)」必要になるため、普通に支払ったほうが安い結果となりました。

※今回は「東京→大阪(片道)」を例で挙げましたが、旅行先によって、料金はかなり変わってきます。

 

他にも、様々な条件でシミュレーションしています。

他にも、「ローシーズン・ハイシーズンの必要お買い物金額」もシミュレーションしています。

ぜひ、参考にしてくださいね。↓

0~300マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
0~300マイル区間(片道)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

今回のシミュレーションは、2024年6月20日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

 

往復:毎年特典航空券使う場合「100万円/年」必要。2年に1回なら「40万円/年」必要。

毎年特典航空券使う場合、1年で「100万円」必要。

0~300マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
0~300マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

様々なケースでシミュレーションした結果を、上の画像でまとめています。
(※計算方法は、後でご紹介します。)

1つ目として、1年に1回(毎年)、特典航空券を使う」前提で、「レギュラーシーズン」というケースについて、解説します。
(上の画像の「ここを解説①」部分です。)

1年100万円」お買い物をすると、1年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Saki
Saki

「1年で100万円」・・・。
メインカードで使うなら、出来ない額ではないわね。

  1. 0~300マイル区間・往復の「必要マイル」は、12,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、1年で2,000マイル獲得できます。(残り10,000マイル獲得が必要)

カードの年会費が高いため、「普通に航空券を買った場合」「カードの年会費」を比べてみましょう。

「カードでのお買い物」で「特典航空券を得る」ためには、当然ですが「カードの年会費」を支払う必要があります。

カード年会費を「費用」として考えた場合、損をしていないかを、シミュレーションしています。

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※毎年利用)

例えば、「東京⇔大阪(往復)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約27,960円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費は、1年で「15,400円(税込)」です。

なので、充分年会費以上のオトクがある」と言えるでしょう。

 

2年に1回特典航空券使う場合、1年ごとに「40万円」必要。このケースでは、オトク感が無い。

0~300マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
0~300マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

次に、上と同じ画像で、「2年に1回、特典航空券使う」場合を見ていきましょう。
(上の画像の「ここを解説②」部分です。)

1年ごと40万円」お買い物をすると、2年後に特典航空券をゲットすることが出来る、という結果になりました。

Take
Take

1年で40万円2年=80万円」で、必要マイル数に達成する計算です。

  1. 0~300マイル区間・往復の「必要マイル」は、12,000マイルです。(レギュラーシーズン)
  2. 入会・継続ボーナスマイルにより、2年で4,000マイル獲得できます。(残り8,000マイル獲得が必要)
Saki
Saki

「1年で40万円」・・・。
サブカードでも使えそうな金額ね。

ただし「2年に1回使う」場合、年会費を考えると、特典航空券を使うメリットがあまりありません。

Take
Take

簡単に言うと、「普通に航空券を買うほうが安い」という結果になったからです。
(2年間の年会費を比べると。)

詳しくは、下をボックスを開いて、確認してくださいね。

Q
航空券vs年会費の比較
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)
バリュー7料金(一例)と、年会費の比較(※2年に1回利用)

例えば、「東京⇔大阪(往復)」をバリュー7(7日までに予約)で申込した場合、料金は「約27,960円」です。(時期や空席状況により変動)。

年会費が2年で「30,800円(税込)」必要になるため、普通に支払ったほうが安い結果となりました。

※今回は「東京⇔大阪(往復)」を例で挙げましたが、旅行先によって、料金はかなり変わってきます。

 

他にも、様々な条件でシミュレーションしています。

他にも、「ローシーズン・ハイシーズンの必要お買い物金額」もシミュレーションしています。

ぜひ、参考にしてくださいね。↓

0~300マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額
0~300マイル区間(往復)で、特典航空券得るために必要な買い物金額

今回のシミュレーションは、2024年6月20日時点の条件でシミュレーションしています。
今後、条件は変わる場合もありえます。その点、ご了承ください。

目次に戻る  

 

シミュレーション結果の計算方法について、ざっくり解説。

ここでは、上で挙げた「シミュレーション結果」は、どのような計算方法で算出されているのかを、ざっくりと解説します。

必要マイル数を確認。ボーナスマイルを差し引いた「残り必要なマイル数」から「必要なお買い物金額」を算出。

必要マイルチャート(ANA公式ページ)
必要マイルチャート(ANA公式ページ)

出典)必要マイルチャート(ANA公式ページ)

それぞれのマイル区間に「必要なマイル数」があります。
マイル区間ごとの必要マイル数は、下のページからご確認ください。

シーズン・必要マイルチャート(ANA公式)>

 

ANAカード特典にて、年1回、入会・継続特典の「ボーナスマイル」が付与されます。(↓)

年に1回、ボーナスマイル「2,000マイル」がもらえる!(年1回のボーナスマイル)
年に1回、ボーナスマイル「2,000マイル」がもらえる!(年1回のボーナスマイル)
Take
Take

そして、ボーナスマイルを差し引いた「残りの必要マイル数」から、必要なお買い物金額を算出していますよ。
(※次の項目にて解説。)

残り必要マイル数算出の例
  1. 801~1,000マイル(片道・レギュラーシーズン)9,000マイル必要
  2. ボーナスマイル:2,000マイル×2年=4,000マイル獲得
  3. 残り必要マイル数:5,000マイル(9,000-4,000=5,000マイル)
 

「1,000円→1ポイント→10マイル」の条件をもとに「必要なお買い物金額」を計算。

マイルは、「1,000円買い物→1ポイント→10マイル」で移行される。
マイルは、「1,000円買い物→1ポイント→10マイル」で移行される。

普段の買い物で、1,000円利用すると、OkiDokiポイント1ポイント獲得。

そして、「1ポイント10マイル」に交換できます。

Take
Take

そして、上で挙げた「移行レート」をもとに、「必要なお買い物金額」を計算していますよ。

必要なお買い物金額算出の例
  1. 残り必要マイル数:上記例の5,000マイルの場合
  2. マイルの交換レートは「1,000円買い物→1ポイント10マイル
  3. 必要なお買い物金額:5,000マイル÷10×1,000=500,000円
  4. 1年ごとに必要なお買い物金額:500,000÷2年=250,000円

以上、簡単でしたが、どのような計算方法で算出されているのかを解説しました。

 

ANA JCBカードで使える特典!色々あります。

「ANA JCBワイドゴールドカード」には、特典航空券以外にも、様々な特典がありますよ。

Take
Take

「空港ラウンジ」「クラブオフ(割引優待)がゴールドカードならではの特典です!

ANA JCBワイドゴールドカードなら、様々な特典が!
ANA JCBワイドゴールドカードなら、様々な特典が!
  • 空港ラウンジサービス
  • ラウンジ・キーをUS32ドルで利用可能
  • グルメ優待サービス(ホテルレストラン・身近なランチ)
  • カード継続で、毎年2,000マイル付与
  • ANA搭乗ボーナス「25%」割増
  • ビジネスクラス専用カウンター(ANA国際線)
  • 旅行傷害保険(海外最高1億円・国内最高5,000万円)※利用付帯の場合
  • 日帰りレジャー・レンタカー割引
  • ゴールド会員専用デスク
  • ANA加盟店の買物でマイル付与
  • スポーツクラブ映画館割引
  • ・・・ほかにも多数!

管理人オススメの「主な特典」をまとめてみました。

▼ あわせて読みたい
ANA JCBワイドゴールドカードの特典まとめ。マイル関連の特典4つと、空港ラウンジ・割引優待など。
ANA JCBワイドゴールドカードの特典まとめ。マイル関連の特典4つと、空港ラウンジ・割引優待など。

ANA JCBカード(※公式ページ)>

【ANA JCBゴールドカード内の、「ソラチカゴールドカード」の一時受付停止について
ご好評につきANA To Me CARD PASMO JCB Series(ソラチカカード)の新規入会の申し込みが予想を大幅に上回る状況となり、当該カードについて、新規入会受付を一時停止をすることとなりました。 受付の再開につきましては、目途が立ち次第改めてご案内申し上げます。

目次に戻る  

 

まとめ

「特典航空券ほしい!必要マイル数に到達するには、どれだけ買い物すれば良いの?(ANA JCBワイドゴールドカード編)」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 801~1,000マイルで片道の場合、毎年特典航空券使う場合「70万円/年」必要。2年に1回なら「25万円/年」必要。
  2. 801~1,000マイルで往復の場合、毎年特典航空券使う場合「160万円/年」必要。2年に1回なら「70万円/年」必要。
  3. 多くのケースで、1年に1回(毎年)特典航空券を使うほうが、オトク度が大きい。

と、なります。

これからもANA JCBワイドゴールドカードを検討されている方に、ANA JCBワイドゴールドカードの特典内容やメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Take
Take
クレジットカード案内人
クレジットカードを使って「オトクな生活」を実行中です!

現在JCBゴールドを契約。JCBゴールド ザ・プレミア獲得に向けて修行中。
記事URLをコピーしました